英会話学校 英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

 

 
 
 

 

 

 

 

 

TOEIC TOEFL 英検 東京新宿:正しい学習方とは?

 

 

 

 

 

 

TOEIC TOEFL 英検 東京新宿:正しい学習方とは?

 

 

 

 

 

 

TOEIC TOEFL 英検 東京新宿:正しい学習方とは?

 

 

 

 

 

 

TOEIC TOEFL 英検 東京新宿:正しい学習方とは?

 

 

 

 

 

 

TOEIC TOEFL 英検 東京新宿:正しい学習方とは?

 

 

 

 

 

 

TOEIC TOEFL 英検 東京新宿:正しい学習方とは?


英会話 東京新宿 TOEIC TOEFL 英検 ビジネス英語 通訳 翻訳

努力を無駄にする学習法/対談編

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このサイトはNCC綜合英語学院公式サイトの元になったQ&Aサイトです

NCCの公式サイトは、レポーターとNCCのシニア講師による対談文/Q&Aを元に編集したもので、ご好評をいただいております。一方、NCCの内容を公式サイトとは別にQ&A形式で解説してほしいというご要望も多数いただいております。よってこれにお応えすべく、公式サイトの元になったQ&Aをここに別サイトとして掲載します。

英会話学校 英会話スクール 英語学校/教室 東京新宿

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ここで述べる「誤った学習法」は、前述の「TP指導方式」の内容を踏まえ、その逆のものとして扱われています。 よって、「誤った学習法」を十分にご理解いただくには、まず「TP指導方式」をご熟読ください。

誤・その@ 英米人(ネイティヴ)偏重型

レポーター これは、日本人講師を全く使わず、英米人講師のみからレッスンを受ける方法ですね。

NCC もちろん、英米人講師は必要ですが、「言語形成期を過ぎた人」は生徒と同条件で英会話をマスターした日本人講師から「理論演習」を受けなければ、すぐに行き詰まってしまいます。英米人は物心ついたときから英語を話している人で、日本人がどうすれば英語を話せるようになるのか知る由もありません。

レポーター 確かに…。

NCC 一方、日本人講師は、元は生徒と同じく日本語しか話せず、後から英語が話せるようになった人です。つまり、生徒がこれから行おうとしていることと全く同じことを先に行った人であり、絶対に不可欠な存在です。

英米人講師によるレッスンは、日本人講師によるレッスンを十二分に重視した上で組み合わせるのが理想的と言えます。

誤・そのA 安易な語学留学

レポーター 「英米人偏重型」(上、その@)の極みが、英語の論理的理解を欠いた語学留学と言えますね。

NCC そのとおりです。本来、語学留学は、日本でもうこれ以上勉強することはないと言えるくらい、しっかりと勉強した上ではじめて役に立つものです。十分な英語力のない人が留学し、「言語形成期」を過ぎているにもかかわらず理論を無視した見様見真似の体験学習を行ったところで、大金と時間を無駄にしてしまうだけです。

誤・そのB 体験学習偏重型

レポーター 英語オンリーの環境や方法で見様見真似の自然習得を目指すのがこの学習法ですね。

NCC ええ。「英米人偏重型」(上、その@)がこの典型ですが、仮に日本人講師が指導しても、母国語(日本語)を無視し、英語オンリーの環境や方法で体験学習に終始するのであれば、「英米人偏重型」と同じ理由から努力を無駄にする学習法と言えます。

日本人講師の利点は、日本語を母国語とする人が英語を話すための理論・ノウハウを指導するところにあります。よって、これを指導せず英語オンリーに依存する「体験学習偏重型」では、日本人講師による指導であっても意味を成しません。

誤・そのC 理論の欠落したプラクティス

レポーター NCC以外にも日本人講師と英米人講師を組み合わせてレッスンを行う学校がありますが…

NCC ええ。しかし、日本人講師によるレッスンが単に「英文丸暗記型」(下、そのE)であれば、上達は望めません。

また、丸暗記でないにしても、単に市販の参考書に書かれているような文法やパターンプラクティス(英文の部分言い換え練習)のみを指導するようなレッスンでは、英文構成の習得に限界があり、自由自在に話せるようにはなりません。

英文を口頭で意のままに操るには、英文構成を口頭で瞬時に行うための理論・ノウハウを学びながら、「口頭英作文」の演習指導を受けなければならないのです。

誤・そのD 英米人(ネイティヴ)による文法指導

NCC 英米人から英文法を習ったことのある人なら、それがいかに理解し辛いものか、おわかりでしょう。

レポーター そうそう。説明が的外れでピンとこないのです。

NCC それは、世界の数ある言語の中でも、日本語はヨーロッパの言語と最も体系を異にする言語の一つであるため、英米人の視点から文法指導を受けても、日本人が理解し応用できるものにはならないからです。

「英米人偏重型」(上、その@)で述べたように、英米人は物心ついたときから英語を話している人で、日本人がどうすれば英語を話せるようになるのか知る由もありません。

レポーター 日本人が日本語の文法をうまく説明できないのと同じですね。

NCC 日本語を母国語とする人が英語を話すための理論・ノウハウは、日本人講師のみが知ることで、英文法も日本人講師によって指導されるべきです。

しかも、丸暗記や単なる試験対策ではなく、スピーキングやライティングにおいて実際に使いこなすことができるよう指導されなければならないのです。 (TOEIC・TOEFL・英検等の対策は、速習に溺れ、真の実力養成を怠れば大成しません。)

誤・そのE 英文丸暗記型

レポーター これは、対話文を書き並べたテキストを音読することにより英文を丸暗記する学習法ですね。

NCC 当然、理論を介さない丸暗記では暗記した英文のオウム返ししかできず、それ以上の発展は有り得ません。

レポーター 市販されている英会話のテキストはほとんどがこの方法ですね。

NCC この手の初心者用のテキストを例に取れば、決まって次のような英文が載っています。
   A : Hello. May l speak to Mr.〜? (もしもし、〜さんはいらっしゃいますか)
   B : Sorry, he is not in now. (あいにく、今、彼は外出中です)
   A : Well, may I leave a message? (それでは、伝言をお願いできますか)

確かにこのような日頃よく使われる決まり文句であれば丸暗記で事足ります。しかし、この会話に続いて、いざ "message(伝言)" を残そうとすれば…

レポーター "message(伝言)" の内容は無限にあり、丸暗記では到底通用しません。

NCC この段になれば、自由に英語を話す能力、つまり英文を口頭で瞬時に構成する能力が要求されるのです。実際の会話では、このように、丸暗記ではなく自在に対処しなければならない部分が90%以上を占めています。

よって、英文構成を口頭で瞬時に行うための理論・ノウハウを学びながら、「口頭英作文」を練習することこそ本当の早道と言えるのです。

NCCの理論演習・生徒は一心不乱


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

NCC(東京新宿本校)は、TOEIC対策TOEFL対策英検対策などが各方面より高く評価されてきました。また、「英会話スクール・英語学校」の優良経営が認められ「全国優良法人」に選定されました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

TOEIC対策 TOEFL対策 英検対策 東京新宿

初心者の「日常会話6ヵ月マスター」から上級者の「各種プロレベル到達」まで

目標達成を公約し一切の妥協なし!
学習成果に満足いかなければ、再履修は無料

NCC綜合英語学院

指導内容は、総合英語、英会話、及びTOEIC、TOEFL、英検、IELTS、ケンブリッジ英検等、英語・英会話の各種試験対策。ビジネス英語、ビジネス英会話、留学準備・対策、また英文法、英文読解、英作文、リスニング、発音等の特訓。会議通訳、通訳ガイド、翻訳等、プロ養成も余念なし
英会話百科